【LDLコレステロールの正常値・基準値Q&A】

 LDLコレステロールQ&Aでは、LDLコレステロール血液検査の目的、正常値・基準値の範囲、動脈効果の危険性、総コレステロールからLDLを求める計算式・計算方法についてQ&A方式で初心者向きに解説しております。

LDLコレステロールの正常値・基準値Q&A

LDLコレステロールを下げるには?

 ◆LDLコレステロール数値を下げる方法にはどのような方法がありますか?また予防対策があれば教えてください。

◆LDLコレステロールを下げるには?
 血液検査を行った結果、LDLコレステロールの検査結果が基準値よりも高かった場合は、数値を減らし改善を図らなくてはいけません。
 LDLコレステロールの数値を下げる方法は一般的に
●運動療法
●食事療法
●薬物療法

 の3種類の治療法を検討していくことになります。
 健康診断などで検査数値が高い数値を示した場合は、医師から保健指導を受けることになるでしょう。
 この際、まずお話しされることは、生活習慣を改善していくこと。
 すなわち、運動療法と食事療法の実践となります。
 尚、検査数値が極端に高値を示している場合は、「薬物療法」も併用して治療を行っていくことになります。

ページのトップへ

運動療法で予防!生活習慣の見直しが重要

◆運動療法で予防!生活習慣の見直しが重要
 LDLコレステロールを下げなければいけない場合に、まず検討するのが運動療法です。
 LDL検査数値が高い数値を示す典型的なパターンのひとつに慢性的な運動不足に陥っている方が多い特徴がある為です。
 特にサラリーマンなどで運動をする時間がなかなか確保できない方。
 高齢となり足や腰などにも痛みがあり、日常生活程度の運動も減ってきてしまった方など慢性的な運動不足を抱えている方は多くいます。
 このように生活習慣の中でも運動不足状態を改善することは
●時間を確保する
●痛みに耐える

 などの付加的条件も関与してくるためなかなか運動療法を実践していくことが困難であるケースも多くあります。
 しかし、運動療法は長期的視野でみるとやはり避けては通れない問題でもあります。
 薬物療法などで一時的に数値を下げたとしても慢性的な運動不足が続く以上、常にLDLコレステロール数値が高くなる可能性を持っているためです。
 そこで、運動療法を開始する場合は、サラリーマンの場合は
●仕事中の移動に歩行を取り入れる
●エレベーターを使わずに階段を使う

 などの軽い仕事の範囲内で行える運動探しから開始していくことがポイントとなります。
 また、関節に痛みなどがあり運動量が確保できないなどの場合は、
●水中歩行
 などのリハビリ的な運動からスタートし関節への負担の軽減を図ります。

ページのトップへ

食事療法による改善ポイント

◆食事療法による改善ポイント
 コレステロールの生成は
●食事によって取り入れられるコレステロール
●体内(肝臓内の細胞)で生成されるコレステロール

 の2種類のパターンでコレステロールが生み出されます。
 食事療法は、このコレステロールの摂取量のコントロールを行う治療法です。
 また、食事療法では食べる食品の他にも、食べ方や食事の回数、中性脂肪を下げる食品の積極的な摂取などのチェックもポイントとなります。
 一般的にまず指導を受けるのは
●良く噛むこと
●食事回数を3回に分散すること

 など当り前の範囲のことです。
 また、中性脂肪を下げる働きをもつEPAを多く含む食材の摂取や、コレステロールを多く含む食材についてのチェックも行われます。
 一般的には図絵を用いた食材表などとともに指導を受けることになるはずです。
⇒EPAを多く含む食材表
 これらの当り前の範囲の改善を取り組んでいくだけで、1か月もしないうちに数値が基準値内に低下するケースも見られます。
 このようにLDLコレステロールの数値を下げる場合の治療の基準は、生活習慣の改善が基準となります。
 但し、数値が極端に高いなどの場合は、一時的に薬物療法を併用して治療をスタートさせるケースもあります。


ページのトップへ

LDLコレステロールの正常値・基準値Q&A(一覧)


LDLコレステロールの正常値・基準値Q&A