【LDLコレステロールの正常値・基準値Q&A】

 LDLコレステロールQ&Aでは、LDLコレステロール血液検査の目的、正常値・基準値の範囲、動脈効果の危険性、総コレステロールからLDLを求める計算式・計算方法についてQ&A方式で初心者向きに解説しております。

LDLコレステロールの正常値・基準値Q&A

LDLコレステロールとは?

◆LDLコレステロール(悪玉コレステロール)とは何ですか?LDLコレステロールについて教えてください。

◆LDLコレステロールとは?
 コレステロールや中性脂肪などの成分は一般的に
●体に害を与える成分
 と思われがちです。
 しかし、これらのコレステロール成分は人体の生命活動において欠かすことのできない重要な必須成分でもあります。
 コレステロール成分は、
●適量が体内に存在している事
 が生命を維持する上で大切な条件となっており「基準範囲」を超えてしまった場合において人体に害をもたらす成分となるものがあるのです。
 尚、コレステロールも、中性脂肪も成分的な分類では
●脂質
 に分類されます。
 中性脂肪は体を動かすエネルギー源として大切な役割を果たしております。
 コレステロールは人体の細胞を形成する素材となるもので、含まれる成分によって幾つかのコレステロールに分類されます。
 LDLコレステロールはコレステロールの中の一種に過ぎません。

ページのトップへ

細胞膜の材料として活躍

◆細胞膜の材料として活躍
 コレステロールは、人体の細胞組織の生成に大きく関与しております。
 中でも細胞膜を生成する主要成分としてコレステロールは活躍しております。
 人間の体は、約60兆個にも及ぶ細胞組織から構成されております。
 これらの細胞組織のひとつひとつは
●細胞膜
 と呼ばれる薄い膜に覆われており、この細胞膜をつくる材料となっているのがコレステロールなのです。
 また、この他にも丈夫な骨を形成するために不可欠とされる
●ビタミンD
 を生成する際の主要成分としてもコレステロールは活躍しております。
 このように、人体の生命活動において重要な役割を持っているのがコレステロールなのです。

ページのトップへ

動脈硬化の危険性を高める

◆動脈硬化の危険性を高める
 LDLコレステロールは、血中量が増加すると
●動脈硬化
 の危険性を高める成分でもあり、別称
●悪玉コレステロール
 とも呼ばれている成分です。
 コレステロールは毎日体内で生成されている成分ですが
●食事
 によって体外からもコレステロールは摂取されております。
 その為、過度な食生活を送っている場合、食事など体外からのコレステロールの摂取によっても
●動脈硬化をはじめとする関連疾患
 の発症の可能性が高まることになります。


ページのトップへ

LDLコレステロールの正常値・基準値Q&A(一覧)


LDLコレステロールの正常値・基準値Q&A